カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

テラカニス

2020.05.12

ドイツミュンヘンのお肉屋さんが作った手作りご飯の缶詰。手作りご飯のメイン食材として!ドライフードのトッピングやご褒美ご飯としてもおすすめのテラカニス。

テラカニスの犬フード

お肉屋さんで人が食べている食材をそのまま缶詰に!

テラカニスが使用している原料は全て人間用食材です。ドライドッグフードでよく書かれてヒューマングレードと違い、人間の新鮮な食材をそのまま缶詰に加工しています。従来基準の1つであるヒューマングレード品質と一線を画しています。原料は人間の食品品質なのはもちろんですが、製造工程も人が食べているものと同じなので、お家で作る「手作りご飯」と同じレベルのものというのが大きな特徴です!

1つで豊富な栄養素が摂取できるのがクラシックとグレインフリーの缶詰。

テラカニスの缶詰は種類が多くてどれを選んだら良いか悩んでしまうと思いますが、はじめはクラシック、グレインフリーの缶詰が含まれている食材が豊富でおすすめです。

クラシックはお肉をベースに栄養素が豊富な玄米を使って植物性タンパク質や炭水化物を摂取できる設計になっていますが、グレインフリーは玄米(穀類)を使わずにじゃがいもやカボチャを使っている缶詰になります。

クラシックも穀類といっても小麦、とうもろこし、お米などは使ってなく、グルテンフリー処方で作られているので、本当にどちらともおすすめできます。

クラシックが
  • イノシシ
  • ターキー
  • ビーフ

グレインフリーが
  • 鹿
  • ウサギ
  • チキン

のラインナップになっているので、お気に入りのお肉で選ぶと言うのも良いと思います。


ご飯シーンの愛犬がカット前でボサ子になっています 笑

我が家では時々ドライフードやサプリメントで手作りでは補えない栄養素を補いながら、基本はテラカニスの缶詰のような手作りご飯をベースに毎日のご飯を楽しく喜んでもらいながらあげています!

人気の缶詰は、イノシシ、鹿、うさぎで。ローテーションで牛や馬をあげると亜鉛が豊富に含まれているので時々メインのお肉を変える形もおすすめです。

ベジタブルの缶詰が便利!

テラカニスのガーデンベジタブル

ザクザクとした人参、カボチャ、さつまいも、赤りんごや色とりどりの果実をブレンドしたお野菜とフルーツの缶詰です。

免疫維持に必要なビタミンC(バラの花びらやローズヒップ)や、美肌の維持や健康的な新陳代謝に必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸(シーバックソーン)が大変豊富な健康的な野菜の缶詰になります。

ガーデンベジタブルはテラカニスのピュアミート缶と一緒に、またはその他の缶詰と一緒に、また新鮮な調理されたお肉と一緒に混ぜて手作りご飯レシピとしてお使いください。

ベジタブルの何が良いかというと、これだけの野菜、フルーツの食材を手作りご飯で揃えようと思うと大変でほぼ無理なんです。それが缶詰で簡単にご飯に使えるっていうのが一番の魅力!

例えばレッドベジタブル・フルーツの缶詰の食材は「カボチャ(18%), 人参(18%), パースニップ(13%),トマト(9%), サツマイモ(9%), ビートルート(9%), 赤リンゴ(9%), ピーチ(7%), イチゴ(5%), 海藻, ローズヒップ(0.4%), ミネラルアース, シーバックソーンベリー(0.2%), ラベンダー, バラの花びら」となっています。

生野菜ではなく加熱されてペーストになっているので、消化もされやすいのがとても良いです。
 

アレルギーで悩んでいる子はハイポアレルジェニック(低アレルギー)をベースにご飯を作ってみてください。

ハイポアレルジェニック(低アレルギー)
テラカニスの使用目的が「食物アレルギー対策」という方は、ぜひハイポアレルジェニック(低アレルギー)の缶詰をベースにベジタブルと混ぜて愛犬のご飯に使ってみてください。低アレルギーの缶詰のお肉はオーストリッチ(エミュー)、馬、カンガルーの3つでどれもアレルギーが出にくい食材です。

どのフードを食べてもアレルギーが起きてしまって食べるものがなくて困っているという方は、一度この缶詰を試してみてください。それで、大丈夫そうならベジタブルを追加したり、お肉以外の栄養素を手作りご飯を作ったり、サプリメントを使って徐々に食べられる物を増やしていくという形もおすすめです。